FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

音楽祭

2019.07.12 (Fri)


日曜日に久しぶりにコンサートに出演しました
活動休止してから数年経ちましたが
今年は音楽祭記念の年ということで我々も再結成しての出演です

20190705_195616.jpg

フィナーレの曲を、この日の出演者全員で演奏という大イベント

フルート、ギター、お琴、洋琴、リコーダー、トーンチャイム
ユーフォニューム、独唱で出場された方による歌、そしてもちろん我々のアンクルン等々・・

何度か全員練習を重ねてきましたが
この日も朝一で最終リハーサルです

20190707_105653-1-1-1-1.jpg



左の写真は我々の出演前の舞台裏、心地よい緊張感です
中央はフィナーレの指揮者とピアニストさんとの一枚
(ピアニストさんは素晴らしいフィナーレの曲の編曲者でもあります)
そして右、嬉しいことに、この日は孫達も聞きに来てくれました
(クリックすると大きくなりますが気恥ずかしいのでサムネイルでアップしました)


20190707_154408-1.jpg 20190707_155945-1.jpg 20190707_162910-1.jpg

もっと聞きたかったのに短くてつまんない!と嬉しい孫の言葉でした

スポンサーサイト



07:00  |  コンサート  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

最終日

2019.07.02 (Tue)


最終日も朝早くからの露天風呂から始まります

栗駒山荘の隣、200メートルほど歩いたところにあるお宿にもらい湯です


20190627_060601[1]



食後はゆっくりの出発の予定でしたが
支度ができたので、1時間ほど早く出ます

お宿からも見えたイワカガミの湿原散策から


20190627_091208[1]-1


一周ゆっくり歩いても1時間ほどで回れます

20190627_091818[1]

20190627_092851[1]-1



そのあとは30分ほど山道を走って
夫お奨めの小安峡大噴湯見物です

20190627_112648-1.jpg



かなり階段を下りますが
遊歩道を行くと、こんな景色が開けます

わ~!と思わず声をあげてしまいますよ
DSC00867-1.jpg

20190627_104402[1]-2 


こんな風に吹き出しているの
98度の熱湯ですよ

DSC00871.jpg


流れているのももちろん熱~いお湯です

20190627_105121[1]-1 


後ろに見える階段を上らないと地上に出られません
ここで気合を入れてね

DSC00872-1.jpg


橋の上から見下ろすとこんなです
ずいぶん降りて行ったのがわかりますでしょう?


DSC00875.jpg


ここを出る頃から、夫の胃の具合が悪くなって
稲庭うどんのお店では、夫は車の中で寝て待っていました

なのでもう一か所立ち寄り湯に行くはずでしたが端折り
新幹線も早めての帰宅でした

それが幸いして、翌日にはもう回復でした

旅の間少々食べ過ぎで
そのうえ3日目4日目はレンタカーでの移動

慣れない道の運転はやはり神経を使い疲れたのですね
次回からは連泊をいれないとね、と話しました
22:37  |  おでかけ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

秋田岩手の旅 中尊寺・厳美渓・栗駒山荘の絶景風呂

2019.07.01 (Mon)


3日目は中尊寺の見物&参拝

入り口で今度は弁慶になりきって
いざ金色堂まで歩きまするぞ

20190626_122810[1]-1


イヤホンガイドの案内で見物しましたので
にわか中尊寺通です(^-^;

芭蕉様とご一緒に一枚!

20190626_130421[1]-1

中尊寺見物を終え下ってきますと
とうにお昼を過ぎていました

お目当ての”レストラン源”も、がら空き、お席は選び放題です

こちらで名物のおもてなしもち料理をいただきました
丸餅6個をペロリ

20190626_135635[1]



そのあとは高館義経堂の参拝です
こちらのお堂は北上川を見下ろす高台にひっそりたたずんでいました


DSC00826-1.jpg


次に訪れたのは厳美渓
眼下を滔々と流れる水の勢い量に圧倒されました

DSC00835-1.jpg

20190626_153138[1]

この渓谷を挟んで
空飛ぶだんごという名物団子屋があります

この籠の中にだんごの料金を入れ、木札をカンカンと叩きますと
ざるが渓谷を超え、お団子とお茶がスルスルと戻ってくるのです


立地を生かした商法ですが
なかなか面白くて、ついやってみたくなりますね


20190626_152453[1] 


さあ!お宿へ急ぎましょうか

この日のお宿は栗駒山荘
お部屋に入るとこの絶景が大窓から飛び込んできます

露天風呂からもこの眺めが楽しめるというのですから
ワクワクとお風呂場へ急ぎます

20190627_084548[1]


わ~!ほんとに!

スゴイ絶景風呂です!


20190626_180249[1]


遮るものがなくどこまでも続く大自然の景色の中で
風を感じて・・・

これはもう贅沢贅沢!

20190627_050804[1]



どうでしょう!この美しい夕焼け

鳥海山がこの時期に見えると言うのも珍しいことなんですって
良い形ですね
富士山のよう

20190626_191004[1]


いつまでも眺めていたくなるほどの美しい変化に魅せられました

20190626_193017[1]


夜の栗駒山荘正面玄関

今宵も露天風呂で星空観測が楽しめそうです

DSC00853.jpg

22:30  |  おでかけ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

秋田・岩手の旅2日目

2019.06.30 (Sun)



二日目は男鹿から秋田へ戻り、再びこまちに乗って角館へ

駅前のレンタサイクルで武家屋敷散策
(もっと写真は撮ったのですが、時間がなくて編集できずでした)

20190625_113733[1]-1

今回の旅は移動が多かったのですね
またこまちに乗って、次は盛岡ですよぉ

駅前からはホテルの送迎バスに乗って4~50分?
途中、小岩井牧場を抜けて、お宿の網張温泉休暇村まで

こちらの、仙女の湯(混浴です)が夫のお薦め
こんな山道を数分、山中の露天風呂まで歩いて行きます

木の根あり、階段あり、登ったり降りたり歩きにくいの・・・

浴衣は来ていますが、足元はハイキングシューズ
(お宿のスタッフさんからもそういわれました)

20190625_155227[1]-1

レンタル湯あみ着を着ての入浴ですが
それでも満喫しました

でも一人で歩いていくのは怖いですね
何かが出てきそうで

夜は館内の露天風呂で満天の星空を見上げながら
「あれが木星、その近くにさそり座の尾っぽの星・・・」と
星空観測ツアーに行かれた方から説明していただいて
お得感ありでした
14:42  |  おでかけ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

6月の旅行 秋田・岩手

2019.06.28 (Fri)

プロフィール・コメント欄等はトップのカレンダーの前月を一度クリックしてから
また今月にお戻りいただくと表示されます
トラブルが直せずすみません


24日からお出かけでした
まずは初日からぼちぼち・・

朝の神奈川は雨でしたが、途中で雨雲を追い越しました

男鹿のなまはげ伝承館で
なまはげ疑似体験をしたり

20190624_141349[1]

変身体験をしたり
(私、なり切っていますでしょう?)

20190624_142710[1]

秘湯を守る会の旅館、元湯・雄山閣は予約が取れませんでしたが
雨の中、もらい湯に行きました

泉質が良く、少し熱めの温泉は私大好きでした

20190624_161758[1]

20190624_161937[1]

お食事の後は近くの会館で
なまはげ太鼓の実演があり、大興奮!

地元の若者たちが町おこしのために17年ほど前から始めたそうです

20190624_203319[1]

20190624_204348[1]

皆さん日中はお仕事を持っていたり
学生さんだったりのグループだそうで
運営も大変なようでした

応援したいですね

20190624_210337[1]

15:05  |  おでかけ  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT