01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

墓地ボランティア納会

2017.12.09 (Sat)


今年も山手外人墓地ボランティア
(募金活動のための墓地公開要員)の納会が
いつものYCACで行われました

20171207_183330.jpg

レストランの窓から見える、お外のスポーツ施設も
例年以上にイルミネーションがきれいです
 


納会は慰労会を兼ねて
財団の方が年間活動の成果報告をしてくださいます
今年は悪天候で公開が何度か流れたのが残念でした
(その分収入が少し減ってしまいました)

でも今月最後のボランティアお当番日も沢山の方が見学に入ってくださり
(道行く方々に大声で公開日をお知らせして呼び込みます)
そして見学の方が「良い機会でした」と喜びの声をお聞かせくださったり
このボランティアは私にとって、楽しみな活動の一つなんですよ

そしてなんといっても、この納会の日のおごちそうが嬉しいですね

今年のごちそうのテーマは”アメリカ”だそうで
懐かしいアメリカンメニューがたくさん並びました

20171207_183308.jpg 20171207_183255.jpg20171207_194704.jpg

スモークターキーやローストビーフ、チリビーンズにクラムチャウダー
そして、ベリーアメリカンなこのアップルパイ!

嬉しくてお代わりしちゃいました!

20171207_200015.jpg
 

今年の会で面白かったのは
財団の理事さんや役員さんが、ご自分のルーツを語られたんです
(さらりとですけどね)

10年以上やっていますが初めてのような気がします

中でも記憶に残っているのが

日本競馬発祥の地横浜根岸の競馬場で開催された初の天皇杯で
優勝した馬を飼っていらした曽祖父さまをご先祖に持つという方が

「我が家は他の皆様のように先祖代々の家宝はありませんが
これこれのレースで優勝した時の天皇杯が家にあります。これは財宝です」と
流ちょうな日本語(日本生まれで日本育ちですから当たり前かもしれませんが)で
誇らしげに語られました

あとは明治の終わりに曽祖父が横浜に渡ってこられて
日本で初めてのシルクの商売を始めたという方もありました

来年は初めての試みで
2月から公開を始めます
そして一番暑い8月をお休みにすることになりました

一番寒い時期と一番暑い時期・・・
どうかな~

沢山着込んで、是非お出かけください
二月の第一土曜日から

毎週土・日の午後12時から4時までです
募金はおひとり200円以上です
小学生以下には募金は募っていません
同伴者とご一緒にどうぞ


尚、活動の日の様子は、カテゴリのボランティアのところで、
いくつか語っていますので、合わせて読んでいただけると嬉しいです







スポンサーサイト
10:19  |  ボランティア  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

シドモア桜

2016.04.03 (Sun)

昨日の横浜は真冬並み
そんな日の墓地ボランティアは凍えます

でもこの方のお蔭で見学者が絶えず
昨日の募金額はトータルで10万円を超えました

勿論御入場下さった皆さまのお蔭が一番です
ありがとうございました


で、この方と言いますのがシドモアさんです
ワシントンのポトマック河畔の桜は今や有名ですが

この桜の苗木を日本から贈ることを提案し
尽力されたのがシドモア女史です

シドモアさんのお墓は当外国人墓地にあります
SH3I0967-1.jpg

昨日は桜の愛好者によるシドモア会の方たちによる
墓前祭がありまして

皆さまが一輪ずつ持って来られたお花が
墓石の上に供えられてありました
(最後にまとめて帰られました)


この墓石の横にある小ぶりの桜が
ワシントンからの戻り桜、シドモア桜です

SH3I0968シドモア桜-1

見学の呼びかけにこのシドモアさんのお話しをしますと
皆さん喜んで御入場下さいました


こちらは墓地内の桜です
SH3I0969-1.jpg

昨日は見頃で

日本を愛し日本の近代化のために力を注がれ
ここに眠る多くの外国の方々も
日本の春景色を喜んで見ていらっしゃることでしょうか


山手通りの桜も満開でした
SH3I0971-.jpg

青空を背景に見られたら最高でしたが
それでもボランティアの帰りに
「おつかれさま~」と桜ちゃんに言ってもらったようで嬉しかったです

09:29  |  ボランティア  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

今年最後の・・・

2015.12.05 (Sat)


横浜外人墓地のボランティア
私は今日が今年最後の活動日でした

今日はグループでお見え下さった方々も多く
やりがいのある活動日になりました

少し喉の調子が悪かったので
大きな声での呼びかけはいつもの様にはできませんでしたが
喉飴のホールズハイパーをなめながら頑張りましたよ

お天気が良くて気持ちが良かったです
P1040655-1.jpg

1月~2月は墓地公開はお休みですから
また来年の三月から、私は活動再開です

墓地の公開はまだまだ12月いっぱい土曜日、日曜日の
正午から16時まで行っていますので
是非お出かけください

今、山手地区は洋館のクリスマス飾りが素敵ですよ
合わせてご覧いただきたいです

こちらは我が家のクリスマス飾りです
P1040620-1.jpg 

P1040624-1.jpg 

P1040626-1.jpg 

P1040631-1.jpg 

P1040644-1.jpg 




22:55  |  ボランティア  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

墓地ボランティア 2015.09

2015.09.05 (Sat)


本日もたくさんの方がいらして下さいました

お一人200円のところをカップルで500円とか
お入りにならないのに1000えんの募金をして下さった方とか

他にも多くの温かいお気持ちに触れることができました
ありがとうございます


今日は目の前のマンションの一室が
窓を開けはなってのリフォームで

べりべりと何かをはがす音がすると
ほこりっぽくて、喉がイガイガ・・・

SH3I0486-1.jpg


ちょっとって時もありましたが

そんな時にこんな大きなプレッツェルがひょこひょこ通り過ぎたり
(すぐ近くに元町プールがありますので、きっとそちらに行かれたのですね)

SH3I0487-1.jpg


こんなカッコいいバイクが目の前に止まったり

SH3I0490-1.jpg

そしてライダーは意外に年配の男性で
でも「写真を撮ってもいいですか?」とお尋ねすると

すご~く嬉しいそうに「どうぞ!どうぞ!かっこいいだろう?」と

青年のような笑顔を見せてくれたり
SH3I0493-2.jpg

お蔭さまで、癒されました

そうそう、今日はお洋服がとても素敵な方が多かったです
組み合わせ方とか配色とか

素敵ですねと思わず声をかけてしまった方が何人もいらっしゃいました

秋が近ずいてきたようですね

21:35  |  ボランティア  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

富岡製糸場の設計者が眠るお墓

2015.06.09 (Tue)

昨日はいつもの墓地ボランティアの日でした

人通りはとても多かったのですが
山手にある二校の卒業式があり、その関係の方が多かったようですね
(サンモールとインターナショナルスクール)
卒業生1  卒業生

赤いガウンを着た卒業生が通り過ぎて行きます
祝賀会もあるのでしょうか、ドレスアップした方が沢山学校の方へ向かわれました


こういう日は人出があっても、墓地の見学者は期待より少なかったりするのですが
昨日は嬉しいことに群馬から観光バスでお出かけ下さった団体さんがいらっしゃいました

観光バスで 


目的はこちらのお墓ですって

P6080039-.jpg
(写真は「写真で綴る文化シリーズ」”横浜山手外人墓地”生出恵哉著より)

世界遺産の富岡製糸場を設計したフランス人のバスチャンのお墓です
横浜外人墓地にお墓があったのですね

昨日はツアーを主催された方と一緒にボランティア終了後に
バスチャンのお墓参りをさせていただきました

携帯も持たずについて行ってしまったので
写真が撮れず残念です

このツアーはこれから毎年開催される予定ということでした
叉お待ちしていますね


バスチャンのお墓参りの後、一番古い地区にある
(見学コースにはなっていません)
生麦事件のリチャードソンのお墓も見に行ったのですが

以前と変わってなんだか変に新しい構造物ができていました

P6080038-1.jpg 
(写真は”横浜外国人墓地に眠る人々”斎藤多喜夫著より)


どなたの考案なのでしょう

昔のままでいいのに・・・
P6080036-1.jpg
 
(こちらも生出恵哉著”横浜山手外人墓地”より)










07:00  |  ボランティア  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |  NEXT