02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

真っ二つ!

2017.03.06 (Mon)


バナナを手で二つに分ける方法ご存知ですか

夫は時々、特技と言って半分に割って見せてくれましたが
真ん中をもってくの字にえいっ!としますから
それほどきれいにできずにつぶれたりもします

ところが、これは私が二つにしたものです
きれいでしょう?

20170304_083108.jpg

先日TVでこの割り方を伝授してもらいました
ご覧になった方多いかと思いますが
試された方は?

ほんとに見事にできます

バナナの両端をもって真横に引っ張るのです

 

折るのではなく真横にね

バナナの皮の繊維に沿って引っ張ると繊維が切れてこんなにきれいにできるのですって

ほんとに皮の繊維がぷつぷつと見えませんか
自分でもびっくりの切れ味・・というか引き味です

感覚的にはスポッと抜けた感じかな~

20170304_083108 (2) 

これで、ピクニック先で最後の一本を仲良く分ける時
困らずでにきますね
スポンサーサイト
10:36  |  へ~、へ~、へ~!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

もったいな~い!

2016.04.12 (Tue)


またまたNHKのアサイチですが

もったいないをなくす、残り物活用術特集で
液状糊を使ったスーパーボール作りをやっていました

見ているとほんとに簡単にできるのですよぉ
これはやってみないとね

と言うわけで残っていた液状糊でやってみましたら、まあなんとか・・・

でも、もっとうまくできるかなと糊を買ってきて
Aちゃんや、S君と一緒に再度挑戦です

前回より、もうちょっとうまくできました

でも完璧なのを作りたくて
もう一度糊を買ってきて挑戦です

①プラスチックカップの底を水性ペンで塗り、液状糊20CCを入れ混ぜます
(これがスーパーボールの色になります)

②200CCの水に対して50gの塩水をつくります

P4103682-1.jpg


③塩水を①に注ぎ入れ、1分置く

P4103684-1.jpg 

このような状態になります
P4103686-1.jpg 

④そのあと静かにかき混ぜると

P4103687-1.jpg 

綿あめのように糊が割り箸にからみますので

手にとってギュッと絞り
掌に載せてコロコロ転がして成型します
(途中何度か水分が出ますので、ペーパータオルで水分を取りながら)

⑤一晩おいてしっかり固まったら
ポンポンはずませて遊べます

P4123689-1.jpg 

P4123691-1.jpg 

初めは柔らかすぎてなかなかうまく丸まりませんでしたが
(乾燥中に平たくなってしまうのです)
最後になんとか丸いのができました

出来あがりはプラスチックバッグに入れて保存です

NHKの取材でインタビューされた少年が
「おもしろかった。また糊を買ってきて作りたいです」と言ってましたが

私も二本買ってしまいましたぁ!
液状糊をこれほど買ったことは今までないですぅ(^^ゞ

うふふ・・・残り物活用術だったんですけどね
17:30  |  へ~、へ~、へ~!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

NHK-すご技Q

2016.03.03 (Thu)

朝いちの番組の中で紹介されたすご技です
早速試してみました

茹で卵の殻剥きがスムーズにできる技

まず卵の丸い側(とんがっていない方)をスプーンでたたいて傷つけます

かなりひび割れがありますでしょう?、でも平気です
他の場所にこんな傷があるとそこから卵白が出てしまいますのにね

こちらの丸い側には殻と中の膜の間に空気の層があるそうで
傷をつけても膜の中に卵の中身がまだおさまっているんですって

このまま茹でます
P3013197-1.jpg

茹であがりの卵は
水を張ったボールに浸けてすぐにこんな風にペロンと剥けました

P3013198-1.jpg

私は今まで塩水で茹でていました

それも綺麗に剥けますが
これはお塩も使わず簡単ですね

次は

ふわふわではなく、ふわっふわのオムレツ

卵白と卵黄を別だてします
(卵黄に塩を入れる)
P3013199-1.jpg


それぞれ泡だった卵黄に卵白を入れて混ぜ合わせ
普通に焼きます
P3013202-1.jpg

焼き上がりは予想どうりですが

P3013205-1.jpg

私的にはオムレツはは中トロトロが好きです
厚焼き卵も好きです

でもこれはスポンジでもなくオムレツでもなく・・・と言った感じかな~
09:38  |  へ~、へ~、へ~!  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

タイムリー

2016.01.19 (Tue)

おはようございます

昨日は雪の為一日家におりまして
時間がたっぷりありましたので
備忘録パート3まで記事をストックしました


今日はパート2を・・・と思っていたのですが
今朝のNHKあさいちで小豆パワーを取りあげていましたでしょう

なんと私がめったに作らない、小豆を昨日煮てあったのです

P1192705-1.jpg

いや~、タイムリーですね


私はフレーバーストーン鍋なので、作るのは別に面倒だとは思わないのですが
更に楽々クッキングの紹介がありました

保温ジャーに洗った小豆を入れて
熱湯を注ぎ、8時間ほど横にしておいておけば出来上がりだそうです

小豆を取りだして保存容器に移し冷蔵庫で2~3日保存可だそうで
野菜炒め、お赤飯、餃子の具に・・・と何にでも使えるようですよ

お赤飯と餃子の具は試してみたいです

ただ、保温ポット内の汚れをコップ洗いブラシの様な物でお掃除をしないといけませんので
お鍋を洗うよりめんどうかしら・・・(^^ゞ
でもつかわないポットが幾つかありますので一度は試してみます


この放送で得た新たな発見は食べ方です

ちょい足し旨餡のいくつかが紹介されましたが

気に入ったのはお醤油のちょい足し
え~?とは思いながらでしたが

おぜんざいの小豆を器に入れて
お醤油を少量掛けます

それがなんと甘味も増してパンチが効いて結構いけるのです

ブランデー(ラム酒でも)のちょい足しで高級餡子になるとのことで
ラム酒で試しましたがこれは普通にありそうかな

たまたま手元にありましたので
色々試すことができましたが

お醤油餡子とお餅の相性は◎です

まだこんなにおぜんざいがありますので

P1192707-1.jpg

お醤油餡子餅と、おぜんざいたっぷり食べられそうです

ええい、面倒だ!
体重の減量作戦は来月からにしようっと


10:23  |  へ~、へ~、へ~!  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

シルバーを甦らせる

2015.07.26 (Sun)

昔、メキシコを訪れた時に銀の街タスコで購入した
思い出の、そしてお気に入りのシルバーのアクセサリーです

ポリ袋に入っているのはつい最近手に入れたリングとブレスレットです
こちらを購入する時に悩んだのが
シルバーのお手入れですね
P7240741-1.jpg

黒くなりやすい銀製品ですから
このデザインのような物は特にお手入れが大変ですものね

お店の方は
「この袋に入れて、タッパウェアーとか小瓶で保存すれば黒なりにくいです」
と言われますが、たとえ空気に触れにくくしていても、どうしても変色しますでしょう

その点がネックになり悩んでいましたら

こんな方法を教えてくださいました

用意するもの
鍋、アルミ箔、200ccの水に対して塩小さじ山盛り2杯分程の水溶液
(重曹でもでも同じ効果です)


①鍋にアルミ箔を敷く
②上記の割合の水溶液を鍋に入れ沸騰させる
③火を止めて、クリーニングしたい銀製品を入れる

P7250846-1.jpg


超簡単な方法ですが、入れたとたん、元に戻っていきますよ


こちらは同じ時に購入のネックレスです

前回、写真を撮りそびれましたので
ブログ用に、ネックレスもと・・お手入れを始めたのですが
ついうっかり写真を撮る前に、お鍋に入れてしまいまして・・・
一瞬なのですが、ほんとはもっと黒ずんでいたんです・・・残念!

P7250845-1.jpg 

P7250847-1.jpg  

今までのお手入れではここまで簡単に綺麗にはなりませんでした
お鍋から引き揚げた直後なので輝きが足りませんが
もっと輝きが出ます




こちらは前回のお手入れで輝きをましたイヤリングです
リモコンの数字が写っていますでしょう
P7250838-1.jpg



黒ずんだ銀は硫化銀でこれをアルミと水の化学反応で銀に戻すんですって
塩は触媒だそうです

と言うことは、塩の分量はそれほどきっちりしていなくても、大丈夫ってことかな?

化学式が紹介されているのを見つけましたので
参考までに、拝借して掲載させていただきます

アルミ + 水+ 硫化銀→水酸化アルミニウム + 銀+ 硫化水素
2Al + 6H2O +3Ag2S   →   2Al(OH)3   +   6Ag  + 3H2S        


07:00  |  へ~、へ~、へ~!  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |  NEXT