FC2ブログ

360度のパノラマ

2010.09.09 (Thu)

               昨日の台風の御心配を頂きありがとうございます
                こちら横浜もそれほどひどくはありませんでした
                   温かいお言葉とても嬉しかったです


                   さて、前回の続き、二日目の朝です
              食堂の窓からは、もっと大きな富士山がおはようって!
                五合目までのスバルラインもくっきり見えています
朝の富士


       我が家にしては珍しくチェックアウトタイムよりだいぶ早くにお宿を後にしました
                       台風が近ずいています
           天候が変わらないうちに、あちこちからの富士山に会いましょう

    この日の朝、露天風呂で得た情報では、今日は紅葉台からの景色が楽しめるとのお勧め

            展望台に着くと、お店の方がこんなボードを貸して下さいます
   ここに来られた方みなさんが感動しなが、らこうして景色と照らし合わせて眺めたのでしょうね

                    中心の丸い印が展望台のあるところ
                     まさに360度のパノラマが楽しめます
参照


                         北側に西湖方面
      西湖方面


     西側は青木ヶ原樹海の向こうに本栖湖、その後方には南アルプスの連山も見えます
      本栖湖方面




     そしてそして、こちらが大樹海から繋がる、美しい裾野から富士山頂までの絶景です

       写真家で、山中湖にお住まいの富塚春夫さんが富士五湖ガイドブックの中で

        ”富士山は光、雲によって刻一刻と表情を変化させ、二度と同じ顔をしない
           写真家にとってはたまらないわけです”と語っていらっしゃいます

                  本当に飽きることなく見入ってしまいます
富士山
                      またこんなふうにも仰っています
   ”ただ残念ながら富士山はいつも顔を出してくれるわけではないし、機嫌がよいわけでもない。
          ただひたすら待たせれる事も、何度も足を運ばされることもある”

         ふらりと出掛けてこの絶景に会えた事は最高の幸運かもしれませんね



         こちらは千円札の裏に描かれた富士山の見られる本栖湖からの景色です
                         あ、ほんとに同じです!
                   皆さんも、千円札と見比べてみませんか
      千円札スポット



                        西湖からの富士山です
              わんこさんが気持ちよさそうに水遊びをしていますので                      
          私も湖に足を浸けて寝転んでみましたら、うとうとしてしまいましたよ
      西湖の富士



         背景、前景に何が来てもそれぞれに合わせて美しいお顔になる富士山
                   ”山はもう秋”を感じるすすきを前景に
      秋


            そしてこちらからは雪をかぶった冨士山がみえまし・・・いえいえ
                   これは横浜から見た冬の富士山です

               冬には富士山が大きく、近く見える事があります
      富士山冬



                     ではリアルタイムに戻りましょう
                    こちらは河口湖からの富士山です

                     前景にはコスモスをあしらって・・
               風が無ければ、湖面に逆さ富士も見えたのでしょうね
富士山河口湖より



                          日も暮れてきました
                          ボツボツ帰りましょうか
           その前に、夕暮れの富士山に二日間の感謝の気持ちを伝えましょう
                         さよなら、またね
スポンサーサイト



12:40  |  おでかけ  |  Trackback(0)  |  Comment(22)
 | HOME |