09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

保育園の待機児童ゼロ

2013.10.18 (Fri)


だいぶ前に下書き途中だった記事ですが、アップします
金曜日は一泊でお出かけ、土曜日は帰宅後夕方からSくんお預かりです

皆様のところに中々お伺いできずにおりますが
すみません


これは駅から見える保育園の一部です

こちらのフェンスの向こう側には東海道一号線が走っています
お正月の箱根駅伝の時には歩道は 応援の観客で溢れます

そしてこのガードレールのこちら側は
JRの線路になっています

フェンスとガードレールの間に園庭があります
狭く見えますが、ちっちゃな園児さんには
それでも運動場になりうるのですね
PA031316園庭-1 

このホームに立ちますと
元気な子供たちの姿と保育士さんの掛け声が聞こえます

シャッターを押した時は丁度園児さんが、しゃがんでしまったので見えませんが
このお花のすぐ後ろにいるんですよ
PA031316園 
(保育士さんの姿)

運動会の頃でしたから、入場練習やお遊戯の練習でしょうか

電車の走る轟音、車の排気ガスも、ものともせず?
園児は元気に動いています
可愛い声も聞こえます

こちらは立派な園舎があり
屋上に運動場もあるようようですし
駅近なので保護者さんにとってもきっと便利で入園希望者も多い保育園なのでしょうね



横浜市は保育園の待機児童ゼロを唱えています
共働きの多い現代は親御さんにとって保育園不足は頭を悩ませるところですが
そんな中で横浜市のゼロ宣言は驚くべき事なのでしょうね

それでも、親御さんが入れたい保育園に行かせられるかと言うと
決してそうではないようですね

無認可も含めてですし
もちろん無認可保育園の中にも、希望者続出の保育園は沢山あるようですが

でも市内を車で走っていますと、マンションのベランダに” ○○保育室 ”の看板を結構見かけます
そう言う施設も含めての待機児童ゼロなのかな

母親の就業時間によっても(フルタイム、パート等)希望認可保育園入園が左右されるのかしら ?

娘は住んでいるマンション前の道路を渡ったところにある認可保育園
(その中でも人気保育園です)に入れることができました
フルタイムと言うのが大きなポイントになったようです

同じマンションに住む私の友人のお嬢様は
大人の足で10分ほど離れた処に2年ほど前に新設された保育園に通わせています
(駅に向かう方向とは反対側なので、朝晩の貴重な時間を毎回20分もロスしてしまいますね)

近いですから同じ保育園を希望したそうですが、就業時間の差だったのでしょうか
希望は叶えられませんでした

 
横浜市の待機児童ゼロ宣言

働く親御さんにとって確かにありがたく、素晴らしい横浜市の取り組みですが
保育内容、保育士さんの質、お部屋や園庭の広さ、お食事内容、交通の便、認可、無認可など
親の希望する保育園への門はやはり狭き、狭き門のようですね

スポンサーサイト
01:00  |  しゃべり場  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コメント

Hulaさん おはようございます。

保育園に入園出来るのは色々条件があるんですね~

幼稚園はどうなんでしょうね。
最近は幼稚園でも延長保育されてるみたいですが・・・

孫の場合お婿さんの近くの保育園に空きがあって
途中から入れて貰えましたけどね~
そこは幼稚園もあるんですよ。
紅葉 |  2013.10.18(金) 08:43 | URL |  【編集】

紅葉さんへ

こんばんは
> 保育園に入園出来るのは色々条件があるんですね~
今は利用者が多いのですね
小さなうちはできるだけ母親が・・と私は思いますが

> 幼稚園はどうなんでしょうね。
> 最近は幼稚園でも延長保育されてるみたいですが・・・

幼稚園は逆に入園希望者が満たないところも多くなっているようですものね

> 孫の場合お婿さんの近くの保育園に空きがあって
> 途中から入れて貰えましたけどね~

それは運が良かったのですね
0歳児での入園が一番入りやすく
途中からは募集も少ないですし、難しくなるようですよ
Hulaさん |  2013.10.19(土) 23:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://hula752.blog47.fc2.com/tb.php/1327-b345c98b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |