09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

国領経朗展―砂丘に秘めた抒情ー

2015.07.05 (Sun)

茨城県のしもだて美術館(クリックしてご覧ください)
5月から開催されている恩師の展覧会ですが

先日新聞に記事が出ていて初めて知りました
来週の日曜日までですって


国領経朗先生、大学の恩師でもあり
お仲人さんでもあります

先生にお子様がいらっしゃらなかったので
私はもとより、孫みたいなものだと、私の子供達まで可愛がって頂きました


先生も、奥さまもお亡くなりになった今は
横浜東口のそごうデパートから地下街への入り口上部にある
半円型大レリーフ(先生の下絵が元になっている)の下を通る度に
「先生こんにちは」と御挨拶をして偲んでいましたが


きっと先生が「会いにおいでよ」と言って下さっているのだと思います
相方と一緒に来週、先生の絵にお会いしに行ってきます

展覧会場の何処かにきっと先生もいらしているのではないかしら





スポンサーサイト
07:00  |  見た・観た・見る・観る  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2015.07.05(日) 15:31 |  |  【編集】

こんばんは。ご無沙汰しております。
私も最近は美術館巡りなどの時間が増えてきたような
気がしています。
最近見たもので感動したのはマグリットと速水御舟でしょうか。
雨が多いというのもあるんでしょうね。
君平 |  2015.07.05(日) 18:05 | URL |  【編集】

鍵コメさんへ

ありがとうございますe-420

こちらの手違いかもしれませんね
どうぞよろしくお願い致します
Hulaさん |  2015.07.05(日) 21:52 | URL |  【編集】

こんばんは。

国領画伯が恩師でいらしたとは、驚きました!

常からご邸宅のインテリア、器、また嗜好に至るまで、
たいへんな美意識をお持ちの方と思っていましたが、
美術を専攻なさっていたとは、さもありなんと納得しました。

これからは、気を引き締めて芸術を語らなければ、
恥の上塗りをするところでした(^_^;)

国領画伯の一連の「砂の風景」、若い時からの憧憬です。
お亡くなりになってから、はや16年になるのですね。

世界に誇る芸術家、いつまでも悔やまれます。

NANTEI |  2015.07.06(月) 19:45 | URL |  【編集】

君平さんへ

こんばんは こちらこそご無沙汰しております

私も最近は美術館巡りなどの時間が増えてきたような
気がしています

幅広い感性をお持ちの君平さんはハイクラスな御旅行や高度な写真撮影技術
芸術鑑賞にグルメリポートetc.とブログもそれはそれは楽しく拝見させて頂いております
マグリット展も速水御舟展も素晴らしい時間をお過ごしになられたことでしょう

私は7月に入って叉ジム通いができるようになりました
朝の公園の運動も叉以前のように行けるようになりました
体を動かしていることが一番好きなんです(^^ゞ
Hulaさん |  2015.07.06(月) 22:32 | URL |  【編集】

NANTEIさんへ

> 国領画伯が恩師でいらしたとは、驚きました!

まあ!やはり御存知でいらっしゃいましたか
とても嬉しいことです
”ローラースケートをする若者”(だったかな)と言う絵は
先生のお家に行って、私が何度も滑ってご覧に入れたんですよ
大学の時、フィギュアスケート部に属していましたので
ローラースケートもよくやってました(^^ゞ


> 常からご邸宅のインテリア云々~~
美術を専攻なさっていたとは、さもありなんと納得しました。

そ、それはありませんよぉ
おはずかしいe-449

> これからは、気を引き締めて芸術を語らなければ、
> 恥の上塗りをするところでした(^_^;)

ますますおはずかしい・・
親が、この子は絵が好きだから・・・と思っていたことに答えただけで
美術も芸術もからきしわかりませんので・・・

> 国領画伯の一連の「砂の風景」、若い時からの憧憬です。
NANTEIさんにそう言って頂くと何故かとても嬉しいです

砂浜に横たわっているボートのデッサンに使われた模型のお船や
砂丘に飛ぶ鳥の模型(剥製ではないと思いますが)が先生のアトリエにはありました
亡くなった後も何度かお訪ねしましたが、アトリエはずっとそのままで
イーゼルに描きかけのキャンバスも残されてあって
今にも先生が出迎えてくれそうでした
亡くなって16年・・・あ~もうそんなになりましたか
色々な思い出が甦ってきます

こうしてNANTEIさんと国領先生のお話ができて、ほんとに嬉しかったです
ありがとうございました


Hulaさん |  2015.07.06(月) 23:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://hula752.blog47.fc2.com/tb.php/1484-f757b4b6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |