07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

戻りました

2015.07.14 (Tue)

ただいま~!

と言っても、もう数日経つのですが
旅先で風邪をひきまして・・・



やっと調子が戻りました



しもだて美術館では久しぶりに恩師にお会いできたような懐かしい気持ちになりました
今まで、先生の展覧会をこれほど時間をかけて拝見したことはなかったかもしれません

それほど懐かしく、名残惜しくて会場をなかなかあとにできませんでした


ビデオブースでは聴きなれた先生の穏やかな語りに胸がキュンとなり
相方と二人、「本当にもう一度お会いしたかったね」と語りました

P7080306-1.jpg 


この町は蔵が多いところですね
新しい建物も雰囲気を壊さないように統一されているようで
素敵な町並みでした
P7080314-1.jpg 



こちらはお菓子屋さんですが
二階部分が大正時代の建物だそうで、保存するのは大変だと言われてました
店舗部分は何度も建て直しをしているそうです

とても趣のある風景を作ってくれてますね
P7080328-1.jpg 

ちょっと疲れて、こちらで黒わらびもちを買い
店内で頂きましたら
他に冷たいお菓子とお茶をご用意くださいました
P7080310-1.jpg 

お土産のラスクまで下さって
何だか一見さんではないようなおもてなしを頂きました

心がほっこりしましたら
雨も気にならなくなりますね

蔵の町並みを少しだけ残している通りがありましたので
散策してみました
P7080320-1.jpg  P7080324-1.jpg P7080316-1.jpg


そのあとは水戸に行き、一泊して明日の旅に備えます


二日目は

水戸一校を訪ねたり、弘道館を訪ねたり、水戸市役所を訪ねたり
なんだか謎解きの様で面白い旅ができました


弘道館では展示物の地図の中にそのあと訪ねようとしていた
相方の祖父の実家の名前を見つけ
P7090470-1

あった~!ここだ、ここだ!
と、はしゃいでしまいました

この先がちょっと面白くて、もう少し書きたかったのですが
そうすると、私どもの名前も分かってしまいますので
ここまでにしておきます

尻切れトンボでスミマセン

最後にこちらを
水戸の光圀饅頭です

P7090506-1.jpg 

P7100613-1.jpg  

P7100615-1.jpg

スポンサーサイト
17:50  |  おでかけ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

Hulaさん おはようございます。

風邪ひかれたようですが
大丈夫ですか?

とても素敵な街並みですね~
なんかほっとします。
紅葉 |  2015.07.15(水) 09:00 | URL |  【編集】

こんにちは。

国領画伯の展覧会に行かれたのですね。

それはそれは感慨深いことだったでしょう。

水戸は親友が居りますので、よく訪れるところです。
黄門祭りには毎年招かれてました。

風邪を引かれたそうですが、
早く治されますように・・・
NANTEI |  2015.07.15(水) 11:16 | URL |  【編集】

紅葉さんへ

おはようございます

治りかけていたのですがぶり返した見たいです
咳がなかなか取れなくて・・・
今日叉お医者様へ行ってみます
海の日にジムのカルチャー発表会があり
太極扇で出場するのですが
頭がぼーっとしていてどうなりますやら

Hulaさん |  2015.07.16(木) 08:24 | URL |  【編集】

NANTEIさんへ

国領画伯の展覧会に行かれたのですね。

おはようございます
はい、行って参りました
懐かしかったです

私も先生の絵を一枚持っているのですが
(結婚のお祝いに先生が描いて下さったんです、生活に困ったら
これを売りなさいって・・・そんなことできませんけどねe-350
その絵には先生の心が込められていますね
そして会場で拝見する絵画には先生の魂が込められていると感じました

曾祖父のお墓参りをしましたが
格さんのお墓がありましたよ (^^ゞ
Hulaさん |  2015.07.16(木) 09:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://hula752.blog47.fc2.com/tb.php/1487-4c50613c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |