08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

マーマレードと包丁砥ぎ

2017.04.07 (Fri)


生前の父は一週間に数回は包丁砥ぎをしてくれていたかしら

「わしがおらんようになったら自分でせんならんから、今から覚えておきなさい」
・・・と
食後くつろいでいるときによく言われまして
付き合ったものです

それがなんとなくうっとおしいと思ったこともありました

父が亡くなった後、自分で砥ぐようになって
そのありがたさがよくわかりました

何本もある包丁を砥ぐのは大変です
砥いだ後に手が黒くなってしまうのも嫌でした

最近は特にそれが嫌で、ついつい切れない包丁を使っていました
(切れないと調理は楽しくないですね)

夫に頼んでも、できないできない・・・とそればかり

ところが先日、相子さんのブログをお訪ねしましたら
マーマレード記事がありましてね

マーマレードを作るときは必ず包丁砥ぎから始めますとありました

P1130150.jpg

まずは包丁砥ぎから・・・

でもこれ、私がしたのではないんです
夫が初めてやってくれました

マーマレードのためにです

試しにキャベツやトマトを切って見ましたら
シュッシュッと気持ちよく切れます

早速、文旦とデコポン(だったかな)で作ってみました

切れます!切れます!
ほんとによく切れるようになりました


夫に感謝
いえ、マーマレード作りは包丁砥ぎからと教えてくださった
相子さんのおかげです
感謝です
P1130152.jpg

これはまだ煮始めたばかりですが
今回の出来上がりは、特に美味しくできました


夫が嬉しそうに
毎日パンにたっぷり載せて食べています

手作りマーマレード、夫が大好きなんです
スポンサーサイト
07:07  |  食べた・食べれば・食べる時  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

コメント

ぶんたんでマーマレードって初耳です。良く切れる包丁で柑橘類を切るというのは香りがいっそうたつのでしょうね。
包丁沢山お持ちですね。私はよく切れる包丁となまくら包丁の二本使いです。なまくらは良いですよどんなものを切っても構わないでいられます。
人間のなまくらは困りますが。
ぶんちゃん |  2017.04.07(金) 16:18 | URL |  【編集】

こんにちは、ぶんたん・・じゃなかったぶんちゃん!
ぶんたんマーマレード
ネットでも沢山紹介がありますよ
ぜひ、作ってみてください
私は柑橘系なんでも作ってしまいますよ
混ぜ混ぜの時もありますし
でも・・ぶんたんに、ぶんちゃんを混ぜないでね(#^.^#)



Hulahulaさん |  2017.04.09(日) 10:00 | URL |  【編集】

Hulahulaさん お久しぶりです。
ま~びっくりしました。包丁ね。ご主人さまが研いで下さるのですね。とても羨ましいです。
相子 |  2017.04.09(日) 10:11 | URL |  【編集】

相子さんへ

こんにちは
お久しぶりです

今までは包丁は自分で研いでいたんですよ
でも今回はマーマレードが食べたいからと
夫がやってくれました、初めてです
包丁が切れるとお料理は楽しいですね(#^.^#)
Hulahulaさん |  2017.04.10(月) 17:38 | URL |  【編集】

わたしもやったことないんです!
母がやってくれてますけれど、習っておかなくてはね!

おいしそうなジャムですね。
久しく作っていません。

ジャム作ったときって、気持ちに余裕があったような気がします。

Kei |  2017.04.13(木) 22:02 | URL |  【編集】

keiさんへ

こんばんは
> わたしもやったことないんです!

え、そうなんですか
お母様が、して下さるなんて羨ましいです

今はYoutubeでも正しい包丁の研ぎ方なんていうのをやっていますね

マーマレードは良く作りますね
皮があまりにも多いので捨てるばかりではもったいないと思うんですよ~
茹でこぼしは私は一回だけです
苦みが好きなので
なので普通よりもっと簡単なんです

Hulahulaさん |  2017.04.14(金) 20:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://hula752.blog47.fc2.com/tb.php/1669-e6383055

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |